「お金の教育 2」

お金は悪の根源?誤解です。

お金持ちはこう考えます。

「お金が不足していることが悪の根源」

これも誤解です。

銀行でローンを組み、いい車に乗る、オシャレな家に住む。

もしこれらのことを「資産」と考えたなら間違いです。

あなたが貸借対照表を読むことができたら、なぜなのか理解できるでしょう。

それらを所有した時点から価値は下がり始め、年数と共に目減りしていきます。

まずローンによる利息の支払いは銀行にとって利益を生み出す仕組みです。

自動車取得税、自動車重量税、車検、保険、登録免許税、固定資産税、等々

車と家はこのように支出をさせます。

昔は良かった、昔は・・・
そうですね、土地の値上がりで価値が上昇した時代はありました。
過去そうであっただけであり、今の時代を生きる人にとっては幻想であり、無駄な嘆きです。

根本の考え方が違うというのは何度か配信でお伝えしましたが、これは投資でも同じことが言えます。

例えば株価が上昇しているところを注意深く観察して上昇した後に高値圏で購入して、まだ上がるだろうと信じる。

その頃はもう遅いのです。しかし、失敗をしたくないため保有し続け大幅なマイナスで決済する。

しかも繰り返してしまう。

多くの人は本能的に「変化=恐怖」と捉えます。

なぜなら常に変化し続けるよりも生き残れた行動パターンで明日も同じように行動すれば生き残る確率が高まるからです。

「現状維持」このような場面にぴったり当てはまる言葉ですね。

こうして親世代の成功パターンをそのまま信じて日々行動していると思います。

今の時代ではどうでしょうか。

同じ条件で成功しそうですか?

つづく

top_feature01-01
※画像はネットより拝借

 ~セミナー告知~

申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/388e32e4457623

11月19日(土)
19:00~
福山ローズコム4F 小会議室4
ミニセミナー(8名部屋)
12月4日(日)
10:30~
RiM福山7F ミーティングルームB
ミニセミナー(8名部屋)
12月11日(日)
10:30~
RiM福山7F ミーティングルームB