最強のフリーターの行動

行動

こんにちは

最強フリーターDan-Joこと檀上倫章です。

 

「本当」のフリーターとして仕事を始めて現在5年目に突入しています。

 

最近では地元の広島にいることも少なくなり、

関東や関西、海外などの往復が多くなりました。

 

駆け出しフリーターの時は皆様が思い描く

フリーアルバイターの方のフリーターでした。

 

お金は欲しかったですが、その方法というのが

雇われることしか考えられなかった時代です。

 

でも色んなところに行ってみたいし、

車も好きだったのでスーパーカーにも憧れていました。

だからと言って借金をするわけにもいけません。

 

当時は医療関係の仕事で残業月200時間で休日出勤は当たり前の生活をしていました。

 

そんな生活が4年間も続いていたら体もおかしくなり、

特に腎臓に負担がかかっていたようで原因不明の病気になってしまいました。

この生活をしていたら間違いなく寿命が縮まるし、

私はこの会社のために死ぬのはごめんだ!

と私の中の何かが変わりました。

 

この時の私の原動力は「逆境」「好奇心」でした。

 

この「危機」に直面して初めて「何とかしなければ!」

という気持ちになれたのです。

それからどんどん「危機」に直面していきます。

 

今は国が自分の将来のお金は自分で何とかしなさいと言っている時代です。

 

金融庁も貯蓄から資産形成へと言っている時代です。

 

前世代までは通用してたことが全く通用なくなる時代で

何もしないのが「危機」なのです。

 

こういう「危機」に瀕している状態に気づいた人たちから本当のフリーターになっていくのです。